2nd TRY

2人目不妊治療と家族の日常を書いていきます🎈

体外受精②

以前の記事「体外受精①」に引き続き、「体外受精②」について書いていきます!😄

↓現在の治療までの流れ

体外受精②は採卵のみでした😉

 

5月27日が子宮内膜ポリープの手術の為、手術の予定が最優先!でも採卵しておきたい気持ちもあり、、、先生と相談した結果、スケジュール的に手術前に採卵を済ませることが出来そうなので5月の周期も採卵することにしました。

 

体外受精②の治療プラン

クロミッド5日間服用

FSH注射2日おきに150単位×3回

胚盤胞まで成長させて凍結

f:id:hchii:20220621124402j:image

■結果

採卵数25個(内訳:成熟卵16個/未成熟卵6個/空胞3個)

すべて成長が途中で止まった為凍結卵子できず

 

という結果でした😥

成長が止まってしまった原因はわからないとの事で、結果と原因不明に大ショックでした。。。

 

ちなみに採卵数が多かった点については、、、

低刺激周期法が治療方針の病院だったので採卵数の多さに先生も戸惑っていました。

基本無麻酔で採卵するのですが、卵の数が多いため局所麻酔をしました。

(麻酔はチクっとするくらいで痛くなかったです)

 

採卵数多いバージョンを経験しての感想は。。。25個の採卵は結構つらかったです😂

時間にして20分程度。その間足を広げたままの体勢がつらい。笑

採卵の痛みについては麻酔が効いてる部分については痛み感じませんでしたが、麻酔が効いてない奥の方は痛かったです。

f:id:hchii:20220621124415j:image

↑採卵中のモニター。笑

 

採卵数が多かったため「卵巣過剰刺激症候群」になる可能性が高いと採卵後に先生に言われびっくり。手術受ける病院にこの体調で手術できるか確認してね!と言われ、そこ連携とってくれないんかい!と心の中でツッコミつつ手術を受ける病院へ℡&来院することに。

 

卵巣過剰刺激症候群」と子宮内膜ポリープ手術についてはまた別記事で詳しく書きますね!

 

長くなりましたが読んでくださってありがとうございます😆